THE ROLLING STONES / BEGGARS BANQUET SESSIONS 【3CD】

THE ROLLING STONES / BEGGARS BANQUET SESSIONS 【3CD】

販売価格: 5,000円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細


ストーンズ専門レーベルとして新旧の厳選したマテリアルをリリースしているMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化されます。まずその第一弾として選ばれたのは名盤「ベガーズバンケット」のアウトテイクを網羅したタイトルになります。

このシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即してレコーディング順に収録されている点が挙げられます。本作は1968年3月から4月にかけてロンドンのオリンピックスタジオにおけるレコーディングから収録。最初は延々と「Jigsaw Puzzle」のセッションが続きます。ジャズ風のピアノといい、気怠いギターの生音といい、アルバム全体を包むこの時代ならではの土着風のテイストが色濃く感じられるセッションです。実にテイク1からテイク14まで収録されており、楽曲の制作過程が伺える貴重な録音。「Child Of The Moon」のアコースティックによるインストテイクは、印象的なピアノがライトから聴こえ、さらにミックのヴォーカルがかすかに聞こえるというもの。「Pay Their Dues」は「Street Fighting Man」のプロトテイクで、メロディやリフはまんまなのですが、歌詞が全く異なり、リリーステイクに慣れた耳にはいくぶん収まりの悪い印象を受けます。サイケ風の効果音が施され、1968年とはいえ、「あの時代」の残渣が残るアレンジとなっています。

1968年4月20日には「Jumping Jack Flash」のプロモフィルムが撮影され、5月に入るとさらにアルバムのためのセッションが再開されます。「No Expectations」はアコースティックによるデモ的な音源で、何の処理も施されていないミックのヴォーカルが生の声という感じでたまりません。一方エレクトリック・バージョンの方はギターの音が全面に出ており、アップテンポでドラムも入るというもの。両方を聞いてリリースにはアコースティック・バージョンが採用されたのがわかる気がします。「Dear Doctor」はカントリー風のルーズな雰囲気を持つ曲ですが、テイク1はテンポが速く、ミックが元気いっぱいに歌うというもの。それがテイクを重ねるごとにテンポを落とし、丁寧にかつゆっくりとした曲に変化していく様が非常に興味深いです。

 1968年6月に行なわれた「悪魔を憐れむ歌」のセッションは、ご存知の通り映画として撮影されており、ここにはそのサウンドトラックから同曲のセッション部分が収録されています。単調な繰り返しが徐々に盛り上がって良き大団円を迎えるという、ボレロみたいな構成の曲。バンドがひとつづつ音を積み重ねていきあのようなクセになる呪術的な曲が出来上がったというのが、ここに収録の音源から伺えます。その他、収録トラックの詳細はジャケットにデータとしてきちんと記載されていますので、ぜひご確認ください。

ストーンズの初期スタジオ・セッション・シリーズは、名盤「Beggars Banquet」のセッション音源をディスク3枚に渡って網羅した決定盤です。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS March 17 - April 3, 1968
01. Jigsaw Puzzle Take 1 March 23, 1968
02. Jigsaw Puzzle Take 2 March 23, 1968
03. Jigsaw Puzzle Take 3, 4 & 5 March 23, 1968
04. Jigsaw Puzzle Take 6 March 23, 1968
05. Jigsaw Puzzle Take 7 & 8 March 23, 1968
06. Jigsaw Puzzle Take 9 March 23, 1968
07. Jigsaw Puzzle Take 10 March 23, 1968
08. Jigsaw Puzzle Take 11 March 23, 1968
09. Jigsaw Puzzle Take 12 March 23, 1968
10. Jigsaw Puzzle Take 13 March 23, 1968
11. Jigsaw Puzzle Take 14 March 23, 1968
12. Parachute Woman Early mix March 25, 1968
13. Parachute Woman Rock'n'Roll Circus
14. Child Of The Moon Acoustic instrumental March 29, 1968
15. Child Of The Moon Backing track
16. (Did Everybody) Pay Their Dues (aka Pay Your Dues / Street Fighting Man) March 31, 1968
17. Stray Cat Blues April 3, 1968

DISC TWO
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS April 20, 1968
01. Jumping Jack Flash Backing track
02. Jumping Jack Flash Promo single
03. Jumping Jack Flash vocals April 27, 1968 Promo film

LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS May 13 or 21 - 23, 1968
04. Street Fighting Man longer outro May 23, 1968
05. No Expectations Acoustic #1
06. No Expectations Acoustic #2
07. No Expectations Electric
08. Factory Girl Alternate fiddle mix
09. Dear Doctor #1
10. Dear Doctor #2
11. Dear Doctor #3
12. Family Electric
13. Blood Red Wine
14. Still A Fool aka Catfish / Two Train Blues
15. Give Me A Hamburger To Go aka Stuck Out All Alone
16. Prodigal Son Rev. Robert Wilkins

LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND STUDIOS May 13 or 21 - 23, 1968
17. Jigsaw Puzzle without vocal overdubs

BKR’S HOME, REDLANDS, WEST WITTERING Feb or Jul 1968
LONDON, OLYMPIC SOUND Studios March 17 - April 3, 1968
STARGROVES, Newbury Oct 1970
18. Highway Child aka Highway Bound / The Vulture

DISC THREE
LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS June 4 - 10, 1968
01. Sympathy for the Devil #1 Acoustic Released on One + One
02. Sympathy for the Devil #2 Released on One + One
03. Sympathy for the Devil #3 Guitar riffs Released on One + One
04. Sympathy for the Devil #4 Part 1 to 3 Released on One + One
05. Sympathy for the Devil #5 & #6 Released on One + One
06. Sympathy for the Devil #7 Released on One + One
07. Sympathy for the Devil #8 Released on One + One
08. Sympathy for the Devil #9 Released on One + One
09. London Jam Instrumental part 1 & 2 Released on One + One
10. Untitled Jam Instrumental

LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS June 28, 1968
11. Family Acoustic, without bass & vocal overdubs
12. Family Acoustic, released on Metamorphosis

LOS ANGELES, HOLLYWOOD, SUNSET SOUND STUDIOS July 7 - 25, 1968
13. Salt of the Hearth Early mix

LONDON, UNKNOWN STUDIOS September 1968
14. Memo From Turner Mick Jagger demo
15. Memo From Turner Mick Jaegger solo released on Performance OST Sep 19, 1970

LONDON, OLYMPIC SOUND STUDIOS November 17, 1968
16. Memo From Turner Alternate vocals
17. Memo From Turner released on Metamorphosis
18. Memo From Turner demo