Paul McCartney-BROAD STREET SESSIONS 【3CD】 [mccd-630/631/632]

Paul McCartney-BROAD STREET SESSIONS 【3CD】 [mccd-630/631/632]

販売価格: 6,500円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

1980年代のポールは日本での逮捕から始まり、ウイングスの自然消滅とジョンの死といった、幸先の悪いスタートとなった。再びジョージ・マーティンにプロデュースを依頼した姉妹アルバム『PIPES OF PEACE』と『TUG OF WAR』はセールス的に成功を収めるが、その時々の旬の人物とのデュエットという話題性に便乗した感は否めない。バンドを失ったことによりライブ活動も不可能となり、40代に突入したポールは不惑の時代を迎えるのであった。かつてライブ活動を休止したビートルズがそうであったように、ポールは映画製作に乗り出すのであった。それが1984年の『ヤァ!ブロードストリート』である。この映画に関しては当時詳細な解説本などが出版されているので、ここでは詳述しない。一般には評価の低い映画ではあるが、ファンとしては見どころ満載の壮大なプロモ映像を見ているようなポールの魅力溢れるものとなっている。そして映画のサウンドトラックという扱いで同名タイトルのニューアルバムがリリースされている。本作はそのセッション音源を収録したものである。

今では考えられないだろうが、当時はビートルズの楽曲を再演するという点に最も話題が集中したように記憶している。それまでもウイングスのステージでビートルズの曲を演奏してきたが、それまで演奏されなかった「Good Day Sunshine」、「For No One」や「Here There And Everywhere」などがそれに相当する。また映画中で使用された自分の曲のセルフ・カバーも多数含まれている。「Silly Love Songs」は途中にベース・ソロを挿入したり、「Ballroom Dancing」もかなり長い演奏に変化しているなど、アレンジはほぼ同じながらオリジナリティを加えたものとなっている。また映画のために新曲も書きおろされ、特にテーマ曲「No More Lonely Night」は現在でもステージで演奏して欲しい名曲である。このように、ビートルズ時代の楽曲、セルフカバー曲、新曲、そして映画の各シーンで使用されるBGMもポールの曲という、ファンにとってはたまらない映画、アルバムとなっている。

本作はこの『ブロードストリート』のセッション音源、別ミックス音源、別バージョン音源(時代のせいか別バージョンが多い)、そして当時リアルタイムで放送されたポール自身が解説するというラジオ・ショー音源など、関連音源を網羅した内容となっている。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
【No More Lonely Nights】
01. Recording session
02. Basic Track no overdubs
03. Eric Stewart's backing vocal + David Gilmour's Guitar solo
04. Film Edit/Alternate Mix
05. Chris Holmes Mix 2012
06. Chris Holmes Mix 2013-2015

【Good Day Sunshine】
07. Acetate edit version

【Here, There and Everywhere】
08. No orchestra overdub and vocal effect

【Wanderlust】
09. Vocal Track recording
10. Acetate edit version

【Medley】
11. Yesterday (Film Mix)
12. Here, There and Everywhere (Film Mix)
13. Wanderlust (Film Mix)

【Ballroom Dancing】
14. Piano Demonstration
15. Control Room Playback
16. Paul and Linda Vocal Track recording
17. Rehearsal Playback
18. Film Rehearsal
19. Extended film mix

【Silly Love Songs】
20. Extended film mix

【Not Such a Bad Boy】
21. Acetate version
22. Film mix

【No Values】
23. Acetate edited version
24. Alternate Film version

【So Bad】
25. Film mix
26. Isolated Vocals

DISC TWO
【For No One】
01. Rehearsal
02. Alternate Film version

【Eleanor Rigby - Eleanor's Dream】
03. Acetate edited version
04. Alternate Film version

【No More Lonely Nights (playout version)】
05. Acetate edit
06. Film Mix
07. Single mix 45"
08. Single extended mix 12"
09. Arthur Baker Special Dance Edit
10. Arthur Baker Special Dance Mix
11. Arthur Baker Mole Mix promo
12. Warren Sanford Extended edit
13. JSM Alessi Bros 2001 Mix

【Incidental Music for the Film composed by Paul】
"Corridor Music" sessions
Version 1
14. Harpsichord and Classical Guitar +Guitar overdub
15. Final Film mix

Version 2
16. Electric Guitar overdub

DISC THREE
【The Long and Winding Road】
01. Basic Track
02. Alternate Film mix

【More Incidental Music】
03. "I'll be right there"
04. "Chasing Harry" #1
05. "Chasing Harry" #2
06. "Spy Theme"
07. Give My Regards to Broad Street
08. Give My Regards to Broadway
09. Yesterday -Busker version
10. Corridor Music /Classical Fanfare

【More 1984 Sessions】
I love This House
11. Rough Mix
12. Outtake Alternate Mix
13. Lindiana

【ASPEL & COMPANY, UK June 9, 1984】
14. I lost My Little Girl
15. That'll Be The Day

【THE TONIGHT SHOW, USA OCT 23, 1984】
16. Yesterday/You're My Sunshine

【'Broad Street Rockline Radio Show October 24, 1984'】
17. Introduction
18. Segment 1
19. Segment 2
20. Segment 3
21. Segment 4
22. Segment 5
23. Segment 6
24. Segment 7
25. Segment 8
26. Segment 9
27. Segment 10