John Lennon-COMPLETE HOME DEMO RECORDINGS VOL.2 【5CD】 [mccd-502-506]

John Lennon-COMPLETE HOME DEMO RECORDINGS VOL.2 【5CD】 [mccd-502-506]

販売価格: 8,000円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

Mクローデルの最新作は、ジョンレノンのハウスハズバンド期と呼ばれる1975年から1980年にかけてレコーディングしたデモ音源を初登場音源を含み完全網羅したタイトルのボリューム2になります。ジョンは、子供の頃に親からの愛情を人並みに受けられなかったということが非常に大きな心の負担となっていました。そしてせっかく授かった息子のジュリアンに対しては、ちょうどビートルズの人気が世界的になってきた頃とぶつかり、充分に構ってあげられませんでした。その反省でしょう、1975年にヨーコとの間にショーンが生まれてから、一切の音楽活動をやめ、子育てに専念するために半ば引退状態になります。その期間が1975年から1980年の5年間という、当時のミュージシャンのサイクルから言えば、5年間アルバムをリリースしないということは世間から引退したと思われても仕方のない長期間です。

1980年末に遺作となる「ダブルファンタジー」がリリースされます。そのプロモーションとして数多くのインタビューを受けていますが、その中のひとつに、沈黙の5年間に作曲などはしていたかと質問した記者がいました。その問いに答えてジョンは「ギターは壁にかけたまま放置していて、一切触っていなかった」と述べています。もちろんこれは久しぶりのアルバムということでの照れ隠しとジョークであって、実際には数多くの曲を作ったり、デモ音源を録音していたことが知られています。余談になりますが、「ダブルファンタジー」が素晴らしいのは、この5年間の蓄積を凝縮したものを、さらに実質アルバム半分の曲数まで絞って選抜された楽曲群だからに他なりません。

1988年に映画『イマジン』を制作する際に、監督のアンドリューソルトは「20世紀の人物でこれほど映像が残っている人物はいないのではないか」と、その素材の多さを驚嘆していましたが、かようにジョンは記録に残すことを意識的に行なっていたと思われます。ジョンの残したアンダーグラウンドな音源はまさに膨大な数にのぼり、体系的にまとめた資料がないため、その全体の把握は困難な状況です。80年代後半に話題を呼んだラジオ・プログラム『THE LOST LENNON TAPES』でも断片的に初登場音源が収録されていたり、また近年になっても新たな音源が出てくるといった、実に混沌とした状況になっています。Mクローデルは、ジョンの音源を体系的にまとめるべく、アルバムごとのセッション・シリーズ、そしてライヴ音源が完結しています。スタジオ・セッション、ライヴに続いて、次はデモ音源集です。それも1975年から1980年までのハウスハズバンド時代のデモ音源を体系的に収録しています。

ジョンの主夫時代のデモ音源を収録するにあたって、今まで断片的にしか知られていなかったもの、有名なもの、そして初登場音源などで構築していくにあたって、実にCD10枚分を費やすことがわかり、時間にして80時間分という膨大な量を収録する必要が判明しました。そこで、この主夫時代のデモ音源を5枚づつ2セットにわけてシリーズとしてリリースすることになりました。デモといっても、ギターを弾きながらだったり、ピアノだったり、リズムマシーンを使ったりとバラエティに富んでおり、聴く者を飽きさせません。またデモ音源という曲作りの初期段階の音源を聴くことにより、曲が完成するまでの過程が非常によくわかるのです。例えば有名な「スターティング・オーヴァー」が当初「Don’t Be Crazy」という曲名だったこと、そして歌詞が大幅に異なっていたこと、さらに元々は別の曲として作られた曲を再構築して1曲にまとめたことなどが、このデモ音源集からうかがい知ることができるのです。

そして、ここが最も重要なのですが、デモ音源の特性上、楽器は最小限のものであって、あくまでメインはジョンのヴォーカルという点です。ジョンの素晴らしいロックンロール・ヴォイスが、これでもかというくらいに堪能できるのです。ジョンは作曲をせずとも歌だけでも一流足り得たであろう、あの声が生々しく耳元で聞こえるのです。ジョンに魅了された人であるならば、ジョンの最大の魅力が「あの声」にあることが理解していただけるでしょう。聴く者の心の琴線に触れるあのヴォーカルは、言葉では的確に表現できませんが、「あの声」というだけで充分に伝わるのではないでしょうか。ヴォーカリストとしてのジョンレノンをシンプルな演奏ゆえに、より充分に堪能できるという点が、デモ音源の最大の魅力と言ってよいでしょう。

本作はVol.2ということで、1980年4月から死の直前までのデモ音源を収録しています。誰に聴かせるのでもなく、またリリースを前提としていない時代のデモ音源だけあって、今でも公式には未発表のままになっている楽曲が多いのが特長です。この時期はアルバム・リリースの直前の時期に当たり、丹念に曲を作り上げていく過程が克明に記録されています。ディスク5はダブル・ファンタジーとミルクアンドハニーという表裏一体のアルバムのスタジオ・アウトテイクから、さらに新音源などを収録しています。特にチープトリックと一緒にセッションを行なった「I’m Losing You」は凄まじいのひとことです。その他詳細はトラックリストをご参照ください。

Mクローデルの最新作は、1980年ハウスハズバンド期のデモ・レコーディング音源を初登場音源を含め集大成。ジョンのデモ音源を初めて体系的に収録したタイトルになります。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
New Jersey, Cannon Hill April 1980
ACOUSTIC GUITAR DEMO
01. "Welcome to Cold Spring Harbor"
02. Dear Yoko (Take 1)
03. Dear Yoko (Take 2)
04. Dialogue at Cannon Hill

Bermuda Tapes, June 1980
GUITAR DEMO
05. Dear Yoko (Take 1 partial)
06. Dear Yoko (Take 2)
07. Dear Yoko (Take 3)
08. Borrowed Time #1
09. I'm Stepping Out #1 (Take 1)
10. I'm Stepping Out #2 (Take 2)
11. I'm Stepping Out #3 (Take 3)
12. I'm Stepping Out #4 (Double tracked guitar + vocals)
13. Beautiful Boy (Acoustic Take 1)
14. Beautiful Boy (Acoustic Take 2)
15. Beautiful Boy (Acoustic Take 2 with overdubs)
16. Borrowed Time #2
17. Borrowed Time #3 (Double tracked guitar + vocals)
18. Dear Yoko (With overdubs)
19. I Don't Wanna Face It #3 (With overdubs)
20. Girls And Boys (Take 6 with overdubs)
21. Watching The Wheels
22. Serve Yourself #7

DISC TWO
PIANO DEMO
01. Memories - Howling At The Moon
02. Everybody

Bermuda Tapes, July 1980
GUITAR with DRUM MACHINE DEMO
03. I'm Losing You #1 (single vocal)
04. I'm Losing You #2 (guitar overdub, double vocal)
05. I'm Losing You #3 (Second version Take 1)
06. I'm Losing You #4 (overdubs Take 2)
07. I Don't Wanna Face It #4 (Single track)
08. I Don't Wanna Face It #5 (Double track Take 1)
09. I Don't Wanna Face It #4 (Double track Take 2)
10. I'm Stepping Out #5 (Single track)
11. I'm Stepping Out #6 (Double track- complete)
12. I'm Stepping Out #7 (Triple track overdub Take 1)

GUITAR DEMO
13. Blues Instrumental (unknown date)
14. Say It Again (unknown date)
15. The Happy Rishikesh Song
16. Something Is Wrong - The Happy Rishikesh Song
17. Grow Old With Me #1
18. Grow Old With Me #2

PIANO DEMO
19. Solitude
20. Mr. Hyde's Gone
21. Real Love (Take 1)
22. Real Love (Take 3 breakdown - Take 4)

DISC THREE
PIANO DEMO
01. Real Love (Take 5)
02. Real Love (Overdubs on Take 5)
03. Grow Old With Me #3 (Take 1)
04. Grow Old With Me #4 (Take 2)
05. Grow Old With Me #5 (Take 3)
06. Grow Old With Me #6 (Take 4)
07. Grow Old With Me #7 (Overdubs on Take 4)

GUITAR with DRUM MACHINE DEMO
08. Woman #1 (Take 1)
09. Woman #2 (Take 3 with double track overdub on Take 2)
10. Woman #3 (New Take 1)
11. Woman #4 (Take 10 overdub on New Take 1)
12. Woman #5 (Another New Take 1)
13. Woman #6 (Take 7 as “Take 9”)
14. Woman #7 (Overdub on Take 7)
15. Woman #8 (New Take 1)
16. Woman #9 (Overdubs #1)
17. Woman #10 (Overdubs #2)
18. Nobody Told Me #1 (Basic track Take 2)
19. Nobody Told Me #2 (Overdub Take 1 on Basic track Take 2)
20. Nobody Told Me #3 (Overdub Take 2 on Basic track Take 2)
21. Nobody Told Me #4 (Overdub Take 3 on Basic track Take 2)
22. The Worst Is Over Now (Take 1)
23. The Worst Is Over Now (Take 2)

DISC FOUR
Mid/Late 1980, Dakota demo
01. (Forgive Me) My Little Flower Princess (Take 3)

Piano Demos
02. Help Me To Help Myself (Take 2 ?breakdown)
03. Help Me To Help Myself (Take 3)
04. Help Me To Help Myself (Take 4) /I Don’t Wanna Sleep Alone
05. My Life #5 (Take 1) ((Just Like) Starting Over)
06. My Life #6 (Take 2)
07. My Life #7 (Take 4)
08. My Life #8 (Take 5)
09. Serve Yourself #8 (Take 1)
10. Serve Yourself #9 (Take 2)
11. Cleanup Time (Take 1)
12. Cleanup Time (Takes 2&3)

13. Cleanup Time (Take 4)
14. Cleanup Time (Take 5)

Guitar/Drum Machine Demos
15. (Just Like) Starting Over (Take 1)
16. (Just Like) Starting Over (Take 2)
17. (Just Like) Starting Over (Take 3)

Guitar Demos
18. Gone From This Place (Take 1)
19. Gone From This Place (Take 3 ?fragment)
20. Gone From This Place (Take 4)
21. Dear John
22. You Saved My Soul (Take 1)
23. You Saved My Soul (Take 2)
23. Serve Yourself #10

DISC FIVE
Double Fantasy Sessions
(JUST LIKE) STARTING OVER
01. Only The Lonely
- Crying
- (Just Like) Starting Over
- Gone From This Place
(longer and upgraded acoustic rehearsal)
02. Studio Rehearsal (longer and upgrade)
03. Rough Mix #5

I'M LOSING YOU

Overdub Session with Cheap Trick
04. Take 1
05. Take 2
06. Take 3
07. Take 4
08. Take 5
09. Take 6
10. Take 7

WATCHING THE WHEELS
11. Studio Rehearsal /I Am The Walrus (complete sequence)
12. Take 8 Rough Mix #3

WOMAN
13. Rough Mix #2 (longer and upgrade)
14. Rough Mix #4

Milk And Honey Sessions
I'M STEPPING OUT
15. Rehearsal #6
16.Take 1 (complete and upgrade)
17.Take 2 (complete and upgrade)

NOBODY TOLD ME
18. Rough Mix #1 (upgrade)

(FORGIVE ME) MY LITTLE FLOWER PRINCESS
19. Alternate Take #1 (complete and upgrade)
20. Alternate Take #3

BORROWED TIME
21. Take 3 (breakdown)
22. Take 4