LED ZEPPELIN-BATH FESTIVAL 1970 【2CD】 [WECD-128/129]

LED ZEPPELIN-BATH FESTIVAL 1970 【2CD】 [WECD-128/129]

販売価格: 5,000円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

ウェンディ・レーベルの1977MSGに続く最新作として、あの有名な1970年バス・フェスがいよいよリリースになります。このバスフェスといえば、内容的な素晴らしさとは裏腹に、音質の悪いオーディエンス録音の典型というとらえられ方が一般的でしたが、本作を聴けば皮膜が2つも3つも剥がれたクリアな音質にきっと驚かれることでしょう。実に既発盤よりも数段上をいく音質をぜひ本作で体験していただきたいと思います。

1970年、レコーディング中にも関わらず、アメリカに比べ遅れていた本国イギリスでの人気を確実なものにするために組まれた、このフェスティバルのみの単発ステージ。サード・アルバムをレコーディング中であったこと、ツアーから離れていたことなどが幸いし、このバスフェスは他に類を見ない特別なセットリストとなっているところも魅力のひとつと言えます。また、ご存じの通り「移民の歌」が初めてステージで披露されたことはもちろん、それがまだ未完成で聴いたことのないバージョンになっているのも本作を大きく価値あるものにしています。

まず音質ですが、既発盤より確実に3ランクは上の音質、これはイコライジングや何らかの処理により得られる類のものではなく、確実にテープの鮮度に依る高音質といえます。もちろん同ソースですので、あくまでこの高音質は相対評価の上でのことですが、それでもここまでの高音質は今までこの日のタイトルを複数所有している人にもきっと驚きをもって迎えられるのではないでしょうか。音質的には完全収録のものよりも、他の出演アーティストらと共にこのフェスティバルを収録したオムニバスLPの「ハートブレーカー」「ザッツ・ザ・ウェイ」が、わずか2曲ながら、より良好ということで注目され、それ故アナログ落としのCDもリリースされていましたが、本作に収録の音は、そのLPよりも確実に上であると、さらにそれで完全収録であると、そうご理解いただけたらある程度ご想像つくのではと思います。
ピッチに関しても、数十年を経たテープにありがちな回転ムラが散見され、特にバッテリーが消耗してきたのか後半にいくに従ってピッチがさらに緩やかに狂っていくという不安定なものでしたが、こちらも完璧に調整してありますので、従来変なピッチでしか聴けなかった同公演を始めてパーフェクト・ピッチで聴くことができます。

内容は、ご存じ、最初期バージョンの未完成「移民の歌」が何と言っても耳目を引きます。この「移民の歌」がステージで披露されたのはこの日が初めてであるのはもちろん、「移民の歌」「ハートブレーカー」と続く一連のパターンが生まれた日としても重要なコンサートとして記録されます。よほどしっくりきたのか、このオープニングは今後しばらく定番として踏襲されることになります。またハイライトとして「ハウ・メニー・モア・タイムス」には様々なロックンロール・メドレーが挿入され、その後、単独の「胸いっぱいの愛を」と「コミュニケーション・ブレークダウン」が演奏されたのち、さらに仕切りなおして再度ロックンロール・メドレーが披露されるのです。「のっぽのサリー」に始まり「ジョニーBグッド」や「ザッツ・オールライト」など、これでもかというくらいに、久しぶりのステージと聴衆の反応を楽しんでいる様子が伝わってきます。

この日は夕暮れにバンドが登場し、屋外会場の特性を利用して、空が徐々に暗転していくドラマティックな演出を意図していたと言われますが、そのせいか「15万人のファンを前に5度のアンコールに応えた3時間のステージ」と、多分に誇張された伝説があります。もちろんこれは史実とは異なりますが、当日この会場にいてツェッペリンを目の当たりにした記者が、このように書く気持ちもわからないでもない、それくらい素晴らしい、ツェッペリン・ファンにとっては音源で残された中でも不可避のコンサートといえるでしょう。しかも、この時期のロバートは声が出るわ出るわ、実に爽快でスカッとした特記すべき歌唱です。

ツェッペリンの大きな転換期となった記念すべきコンサートを、新発見のロウジェネ・ソースにて収録。従来の音質を数段上回るバスフェスの決定盤として間違いないでしょう。美しいピクチャー・ディスク仕様、永久保存のがっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
01. 移民の歌
02. ハートブレイカー
03. 幻惑されて
04. ブリング・イット・オン・ホーム
05. 貴方を愛しつづけて
06. オルガン・ソロ
07. サンキュー
08. ザ・ボーイ・ネクスト・ドア (ザッツ・ザ・ウェイ)
08. 強き二人の愛

DISC TWO
01. モビー・ディック
02. ハウ・メニー・モア・タイムズ
- ダウン・バイ・ザ・リバー
- ザ・ハンター
- ガッタ・キープ・ムーヴィング
- ブギー・ウギー
- ハニー・ビー
- スウィート・ホーム・シカゴ
- ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト
- ザッツ・オールライト
- ロング・ディスタンス・コール・ブルース
- レモン・ソング
03. 胸いっぱいの愛を
04. コミュニケイション ブレイクダウン
05. ロック・メドレー
- のっぽのサリー
- ジョニー・B・グッド
- ロッキー・ロード・ブルース
- セイ・ママ
- ザッツ・オールライト

Bath and West Showground in Shepton Mallet, Somerset, England 28th June 1970